恋三昧

【18禁】 BL小説取り扱い中。苦手なかた、「BL」という言葉に聞き覚えのないかた、18歳未満のかたはご遠慮ください。

質問+小ネタ

CATEGORY

  • このページのトップへ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

質問+小ネタ INDEX


↑OLD ↓NEW

★カップリングなりきり100の質問★ (BIANCAさま)
 *拓海×悠也 (前編) (後編)
 *遥斗×真琴 (前編) (後編)
 *智紀×慶太 (前編) (後編)

メインカプでゲイ的脳内解析

■メインカプに質問祭り
 *相川さんのお名前編

■勝手にランキング
 *お酒の強い人編

兄弟に15の質問 (くじらのゆりかごさま)

■メインカプに質問祭り
 *将来の夢編
 *Hの場所編*R15 (前編) (後編) (悠也+慶太+真琴)

■年末カウントダウン小ネタまつり
 *藤崎兄弟 (悠也+真琴+奏)
 *すてきなプレゼント (高遠+慶太+真琴)
 *高遠さんのメモ帳 ↑の続き (高遠 + 智紀)
 *三点リーダの2人 (遥斗 + 慶太)
 *女子部 (真琴 + アキ + アユミ)
 *年上の威厳 (慶太 + 歩)
 *橘悠也という男 (悠也 + 遥斗 + 智紀)
 *不憫だとか言わないで ↑の続き (拓海 + 真琴 + 慶太 + 遥斗 + 智紀)

キャラ対話バトン
 メインカプ&君といる十二か月のメンバーで、指定テーマは『実は意外とヘタレかも?!なキャラ』

息子に質問攻めバトン (悠也+慶太+真琴)

カテゴリー:質問+小ネタ

★カップリングなりきり100の質問★ 拓海×悠也 (前編)


全カプ、(エロが)揃ったので、調子に乗ってやってみたいと思いますよ。まずはこの2人、前半戦です。

001. あなたの名前を教えてください。
 Y 「橘悠也です」
 T 「春原拓海です。"しのはら"じゃありません、"すのはら"です!」
 Y 「拓海、力入ってるね」

002. 年齢は?
 T 「21歳、大学3年生です」
 Y 「24歳」

003. 性別は?
 T 「男ですよ、どう見ても」
 Y 「男」

004. 貴方の性格は?
 T 「一途」
 Y 「あぁ…意外とそうかもね。俺は何だろ……負けず嫌い?」

005. 相手の性格は?
 T 「悠ちゃんは……そうだな、ツンデレ?」
 Y 「何それ…。拓海は、意外と真面目だよね。大学にもちゃんと行ってるし。俺の前ではバカだけど」
 T 「……言ってること、何気にひどいね」

006. 二人の出会いはいつ? どこで?
 T 「飲みに行ってたら、酔っ払った悠ちゃんに、ナンパされました」
 Y 「ちょっ…人が覚えてないと思って、変な言い方しないでよ!」
 T 「だってホントのことだし」
 Y 「……」←覚えてないので、反論できない

007. 相手の第一印象は?
 T 「かわいー」
 Y 「わ、超いい人!」
 T 「マジで?」
 Y 「最初の最初ね」
 T 「え、」

008. 相手のどんなところが好き?
 T 「かわいいところ。で、ツンデレ」
 Y 「意外と大人で真面目なところ」

009. 相手のどんなところが嫌い?
 T 「嫌いなところなんか、全然ないです!」
 Y 「あー…………うん」
 T 「えっ、何かあるの!?」
 Y 「いや…別に?」
 T 「(気になるっ!)」

010. 貴方と相手の相性はいいと思う?
 Y 「体の相性ってこと?」
 T 「ちょっ…」
 Y 「ムグッ」←口を押さえられる
 T 「そういうことを口にしないの!」
 Y 「拓海って意外と照れ屋だね」
 T 「…………」

011. 相手のことを何で呼んでる?
 T 「悠ちゃん、て」
 Y 「普通に呼んでよ」
 T 「え、何で?」
 Y 「いい年して、ちゃん付けとか、恥ずかしいんだけど」
 T 「何で? かわいいじゃん! 俺のことも、拓ちゃんて呼んでいいよ?」
 Y 「呼ばないよ」

012. 相手に何て呼ばれたい?
 T 「まぁ…今のままでもいいですけど。出来ればもっと恋人同士っぽいのがいい」
 Y 「いいって、今のままで。俺は、出来れば人前じゃ、普通に呼んでくれたらいいなって思う」
 T 「気を付けます…」

013. 相手を動物に例えたら何?
 T 「んー…猫、かな。気まぐれだしさぁ」
 Y 「…………ワラビー……」
 T 「(何それ!?)」

014. 相手にプレゼントをあげるとしたら何をあげる?
 T 「欲しいものなら、何でも買ってあげる」
 Y 「ホント!? じゃあ、家!」
 T 「えっ!? いや、いくら何でもそれはムリ…」
 Y 「えぇー、拓海の嘘つき!」
 T 「あぁ~~~」

015. プレゼントをもらうとしたら何がほしい?
 T 「家以外でね」
 Y 「うー…じゃあ、車」
 T 「それだって無理だよ…」
 Y 「バイク」
 T 「俺、普通の大学生なんだけど…」
 Y 「もー。じゃあ、拓海は何が欲しいんだよ」
 T 「えぇ~、そりゃー悠ちゃんの……愛?」
 Y 「(……バカ?)」

016. 相手に対して不満はある? それはどんなこと?
 T 「あんま『好き』とか言ってくれないところ」
 Y 「人前とかで、平気で『好き』とか言ってくるところ」
 T 「だって…」

017. 貴方の癖って何?
 Y 「分かんない、そんなの」
 T 「俺も分かんないなぁ」
 Y 「へぇー……そう?」
 T 「な、何?」

018. 相手の癖って何?
 T 「ねぇ、何? 俺って何か癖ある?」
 Y 「拓海はねぇ、テレビとか見てるとき、手とかの関節をパキパキやってる」
 T 「ウッソ!」
 Y 「ホント。だから映画とか集中しようと思っても、ぜんっぜん出来ないの!」
 T 「……ごめんなさい…」

019. 相手のすること(癖など)でされて嫌なことは?
 Y 「まぁ…さっき言ったとおりです」
 T 「ゴメン」
 Y 「別にいいけどね、そんくらい」

020. 貴方のすること(癖など)で相手が怒ることは何?
 T 「気付かなかったけど、さっきの関節のこととか。怒られたことはないけど。あ、外で手を繋ごうとすると、怒られる!」
 Y 「当たり前じゃん、バカ!」
 T 「何でー? 繋ぐっしょ、恋人同士なんだから」

021. 二人はどこまでの関係?
 Y 「そりゃ、オトナの関係まで進んでますよ」
 T 「……はい」

022. 二人の初デートはどこ?
 Y 「デートなんて行ったことある?」
 T 「それっぽい感じで出掛けたことって、あんまないかもね。一緒に買い物とか行ったりはしてるけど」
 Y 「あの、ほら、何て言うの? 2人で出掛ければ、どこでだってデートでしょ!? 何か俺、うまいこと言ったね」
 T 「(苦笑)」

023. その時の二人の雰囲気は?
 T 「そのときって言うか……まぁ、普段はだいたい普通だけどね」
 Y 「だって買い物くらいしか行かないし」
 T 「手を繋ごうとすると、怒られるし」

024. その時どこまで進んだ?
 T 「どこまでっていうか…」
 Y 「ハンズでナベ買って帰ってきた」
 T 「こないだね」
 Y 「お母さんが買ってきてって言うから」

025. よく行くデートスポットは?
 Y 「もう…デートの話題、長い!」
 T 「抑えて、抑えて!」
 Y 「じゃあさ、これからどっか行こうよ! デートスポットみたいな場所!」
 T 「う、うん、分かったから…、落ち着いてね、悠ちゃん」

026. 相手の誕生日。どう演出する?
 Y 「えぇー…そういうの、よく分かんない」
 T 「どっかにおいしいもの食べに行こうか」
 Y 「フランス料理?」
 T 「え、そういうの、好きなの?」
 Y 「食べたことないけど、素敵な演出って言ったら、フランス料理かなぁ、と思って」

027. 告白はどちらから?
 T 「どっちって言うんだろうなぁ…」
 Y 「微妙っちゃー微妙だよね」

028. 相手のことを、どれくらい好き?
 T 「そりゃもう、言葉に出来ないくらい」
 Y 「そこを表してこその大学生だろ! しっかりしなさい!」
 T 「はい… (何で俺、怒られてるの…?)」

029. では、愛してる?
 T 「もちろんです」
 Y 「です」
 T 「ちゃんと言ってよ!」

030. 言われると弱い相手の一言は?
 T 「時々しか言ってくれないから、『好き』とか言われると、すげぇ嬉しい」
 Y 「でしょ? そういうありがたみを持たせるためにも、あんまり言わないほうがいいよね」
 T 「えぇっ!?」

031. 相手に浮気の疑惑が! どうする?
 T 「悠ちゃんのこと、信じます」
 Y 「刺し違える覚悟で」
 T 「(怖いっ)」

032. 浮気を許せる?
 T 「難しいけど……悠ちゃんなら、許すかな」
 Y 「許しません! ていうか、しないと信じてるけど」

033. 相手がデートに1時間遅れた! どうする?
 T 「1時間も経つ前に、連絡してみる」
 Y 「帰る。10分が限界」

034. 相手の身体の一部で一番好きなのはどこ?
 T 「全部!」
 Y 「一部だってば!」
 T 「えーじゃあ……手で」
 Y 「腹筋」
 T 「そんなに鍛えてないよ、俺」
 Y 「なかなかいい筋肉してると思う」
 T 「悠ちゃんて、意外と筋肉フェチだよね。テレビ見てても、この人の筋肉いい! とか言ってるし」
 Y 「うん」

035. 相手の色っぽい仕種ってどんなの?
 Y 「仕草ぁ~?」
 T 「そうですね、やっぱり×××のときの…アダッ!」←殴られた

036. 二人でいてドキっとするのはどんな時?
 T 「何か目がギラギラしてるとき。時々ある、そういうことが」
 Y 「まぁ、色々ありますよ、色々」
 T 「(考えるの、面倒臭くなってるだけじゃ…)」

037. 相手に嘘をつける? 嘘はうまい?
 T 「嘘なんかつきませんよ」
 Y 「俺も!」
 T 「いや、悠ちゃんは時々、すごいどうでもいいような嘘つく。こないだなんて、録画してた映画、1回見たのに、見てないって言い張ってたし」
 Y 「あはは」

038. 何をしている時が一番幸せ?
 T 「悠ちゃんと一緒にいるとき」
 Y 「寝てるとき」
 T 「……」

039. ケンカをしたことがある?
 T 「結構しょっちゅうしてるよね」
 Y 「くだらないヤツね。拓海が結構ムキになるから」
 T 「え、俺!? 悠ちゃんでしょ?」
 Y 「拓海だよ。俺はいっつも、『やれやれ』って思ってんの」

040. どんなケンカをするの?
 Y 「くだらないこと」
 T 「いわゆる痴話ゲンカです」

041. どうやって仲直りするの?
 Y 「謝ります」
 T 「嘘ばっか! 悠ちゃん、あんま謝んないじゃん」
 Y 「俺が悪かったときは、謝るよ?」
 T 「(…てことは、たいていは俺のほうが悪かったってこと?)」

042. 生まれ変わっても恋人になりたい?
 T 「はい!」
 Y 「まぁ、そればっかりは、生まれ変わってみないことには」
 T 「……」

043. 「愛されているなぁ」と感じるのはどんな時?
 Y 「結構いつも感じてますね」
 T 「あんまり感じないかも…。時々『好き』って言ってくれるときくらいかな」

044. 「もしかして愛されていないんじゃ…」と感じるのはどんな時?
 Y 「ケータイの番号とアドレス変わったのに、教えてもらえなかったとき」
 T 「あ、」

045. 貴方の愛の表現方法はどんなの?
 T 「言葉です、間違いなく。態度でも表してるとは思うけど」
 Y 「えーっと……雰囲気?」

046. もし死ぬなら相手より先がいい? 後がいい?
 Y 「すごい不吉な質問…」
 T 「そんなこと考えたことないし、考えたくない」

047. 二人の間に隠し事はある?
 T 「まぁ…、……ないですね」
 Y 「その"間"は何?」
 T 「いや、ないって」
 Y 「何か隠してるでしょ?」
 T 「隠してないって! 悠ちゃんはないの? 俺に隠してること」
 Y 「隠し事だもん、教えない!」
 T 「えっ、あるの!?」

048. 貴方のコンプレックスは何?
 Y 「……24歳になっても、まだフリーターなこと」
 T 「いいじゃん、働いてないわけじゃないんだから」
 Y 「イヤ!」

049. 二人の仲は周りの人に公認? 極秘?
 Y 「誰にも言ってないから、誰も知らないんじゃない? ねぇ」
 T 「…………」
 Y 「どうした?」
 T 「えっと、いや…」
 Y 「もしかして、誰かに話した?」
 T 「あー…えっと、真琴には…」
 Y 「真琴って、あのテンション高い子?」
 T 「あと、トモと…」
 Y 「誰それ」
 T 「大学の友だちで…」
 Y 「へぇ…」
 T 「いや、だって! 教えたいじゃん! こんなにかわいい恋人がいますよって!」
 Y 「恥ずかしいから、知らないとこでやめてよ」
 T 「ゴメンね。今度ちゃんと紹介するから」

050. 二人の愛は永遠だと思う?
 T 「はい」
 Y 「まぁ、はい。拓海次第だと思いますけど」
 T 「ちょっ…、えっと、がんばります!」





 ツンデレ王、降臨です。
 そして実は、悠ちゃんが、3カプ6人の中で1番年上だった…。

カテゴリー:質問+小ネタ
テーマ:自作BL小説  ジャンル:小説・文学

★カップリングなりきり100の質問★ 拓海×悠也 (後編)


*R指定はしませんが、「ココからはエッチ有カップルのみお楽しみください。」てことなので、そういう雰囲気が苦手なかたは、ご遠慮ください。

051. 貴方は受け? 攻め?
 T 「攻め」
 Y 「受け」

052. どうしてそう決まったの?
 Y 「どうしてもこうしても…」
 T 「あの…はい」

053. その状態に満足してる?
 T 「はい」
 Y 「まぁ別に不満はないけど」

054. 初エッチはどこで?
 T 「俺んちです」
 Y 「はい、たぶん」

055. その時の感想を…
 Y 「どうだったの? 良かった?」
 T 「えっ!? 俺だけ答えるの!?」
 Y 「だって俺、覚えてないし」
 T 「あ、あの…良かったですよ」
 Y 「拓海、顔赤いよ?」

056. その時、相手はどんな様子でした?
 T 「相当酔っ払ってましたね」
 Y 「……酔っ払ってる俺を、手篭めに…」
 T 「ちょっ…そんな言い方しないでよ!!」

057. 初夜の朝、最初の言葉は?
 Y 「何だっけ?」
 T 「たぶん、普通に挨拶したと思う、最初は」

058. エッチは週に何回くらいする?
 T 「2,3回くらい?」
 Y 「もっとしてるよ、絶対!」
 T 「そう?」
 Y 「だって夜一緒にいると、絶対迫ってくるし!」

059. 理想は週に何回?
 T 「毎日でもいいよ?」
 Y 「今のままで十分だよ」

060. どんなエッチなの?
 T 「いや、普通ですよ」
 Y 「うん、たぶん。男は拓海以外とやったことないし」

061. 自分が一番感じるのはどこ?
 T 「そりゃ、やっぱ、悠ちゃんの中が…」
 Y 「バカ!」
 T 「イデッ」

062. 相手が一番感じているのはどこ?
 T 「結構どこでも」
 Y 「何かヤダ、その答え…。あ、拓海は鎖骨だと思う。最近気付いた」
 T 「バレてから、何か事あるごとに触ってくるんだよね、悠ちゃん…」

063. エッチの時の相手を一言で言うと?
 T 「めちゃくちゃかわいい」
 Y 「んー…ジェントルマン?」
 T 「え、紳士?」

064. エッチははっきり言って好き? 嫌い?
 T 「そりゃ嫌いじゃないですよ」
 Y 「健康な肉体をもった成人男子ですから」

065. 普段どんなシチュエーションでエッチするの?
 Y 「シチュエーションて…」
 T 「普通だよね」

066. やってみたいシチュエーションは? (場所、時間、コスチューム等)
 Y 「え…普通でいいよ! 普通に家で!」
 T 「そう?」
 Y 「…!? 何かやりたいことあんの!?」

067. シャワーはエッチの前? 後?
 T 「どっちも」
 Y 「後は、疲れちゃってて出来ないことがある。ホントはしたいけど」

068. エッチの時の二人の約束ってある?
 Y 「んん? 別に…」
 T 「ないよね」

069. 相手以外とエッチしたことはある?
 Y 「男はない。女の子はあるけど」
 T 「はい。そりゃまぁ、それなりに」
 Y 「…………。拓海ってさぁ」
 T 「何?」
 Y 「女の子とはしたことあるの?」
 T 「まぁ、その辺はシークレットで」

070. 「心が得られないなら身体だけでも」という考えについて。賛成? 反対?
 T 「別に反対はしないけど、自分だったらそんなことしない」
 Y 「何かヤダ」

071. 相手が悪者に強姦されてしまいました! どうする?
 T 「こう見えて悠ちゃん、すごい鍛えてるから、何かそういう事態が起こらなそう」
 Y 「刺す」
 T 「ちょっ… (気持ちは嬉しいけど、発想が怖い!!)」

072. エッチの前と後、より恥ずかしいのはどっち?
 T 「どっちも恥ずかしくない」
 Y 「どっちかっていうと、やってる最中が恥ずかしい」

073. 親友が「今夜だけ、寂しいから…」とエッチを求めてきました。どうする?
 Y 「どうもこうも…、友だちって例えば八尾とか? ないないない。気持ち悪い」
 T 「まぁ、そういうことを言う人を、親友とは呼ばないと思います」

074. 自分はエッチが巧いと思う?
 Y 「こういうのって、自分じゃ答えづらくない?」
 T 「確かに。ヘタだとは言いたくないけど、自分から巧いっていうのもちょっと…」

075. 相手はエッチが巧い?
 Y 「よく分かんないけど、巧いんじゃない? 気持ちいいし」
 T 「ありがとう。悠ちゃんもとっても気持ちいいよ」
 Y 「(そんなに笑顔で言われても…)」

076. エッチ中に相手に言ってほしい言葉は?
 T 「名前呼んでほしい。『拓海~』って。『拓海もっと~』って言われたら、もっと燃えるのに」
 Y 「いいって、今のままで」

077. エッチ中に相手が見せる顔で好きな顔はどんなの?
 T 「んー…全部好きだけど」
 Y 「感じてる顔とか。イッたときの顔とか」

078. 恋人以外ともエッチしてもいいと思う?
 T 「ダメでしょう、そりゃ」
 Y 「相手にも因りますけどね」
 T 「悠ちゃん!」
 Y 「嘘です。ダメですよ、そんなの」
 T 「どこまで本気なの…?」

079. SMとかに興味はある?
 T 「え、別にない」
 Y 「ないね。そういうことになったら、Sの本能を発揮してしまいそう…」

080. 突然相手が身体を求めてこなくなったらどうする?
 Y 「こっちから迫る」
 T 「悠ちゃん、時々そういうことあるよね」
 Y 「それは拓海が悪い」

081. 強姦をどう思いますか?
 T 「どうって……いいわけない」
 Y 「そりゃそうだ」

082. エッチでツライのは何?
 T 「特にないかな」
 Y 「体が硬いこと」

083. 今までエッチした場所で一番スリリングだったのはどこ?
 T 「何かある?」
 Y 「ラブホ。してる最中は別にいいけど、入るときヒヤヒヤした」

084. 受けの側からエッチに誘ったことはある?
 T 「あー…」
 Y 「ありますねぇ」
 T 「ちゃんとお勤めしてないと、ねぇ?」

085. その時の攻めの反応は?
 T 「まぁ、普通ですよ」
 Y 「ヤバイ! とか思わなかった?」
 T 「ほったらかしにしてたかな、とか、ちょっと焦るけど」

086. 攻めが強姦したことはある?
 T 「いや、だからないですよ。さっきそういうの、いいわけないって答えてるじゃないですか」
 Y 「アレってさぁ、違うの?」
 T 「えっ!? 何、アレって」
 Y 「最初の。俺が酔っ払ってるのをいいことに…」
 T 「アレは合意の上じゃん!」
 Y 「合意の上かどうかなんて、俺覚えてないし…」
 T 「ホントに合意の上だから!」

087. その時の受けの反応は?
 T 「だーかーらー! そのときは合意の上だったから!」
 Y 「まぁ、拓海がそう言ってるだけですけど」
 T 「ホントだって!」

088. 「エッチの相手にするなら…」という理想像はある?
 Y 「え、どういう意味?」
 T 「深く考えなくていいよ。俺は悠ちゃんで大満足だし」
 Y 「??? そうなの?」

089. 相手は理想にかなってる?
 T 「もちろん!」
 Y 「よく分かんないけど、じゃあそういうことで」

090. エッチに小道具を使う?
 T 「使ったことないですけど」
 Y 「あんまちょっと……そういうの、苦手」

091. 貴方の「はじめて」は何歳の時?
 T 「えっと…16? かな?」
 Y 「14」
 T 「早いね」
 Y 「そう?」

092. それは今の相手?
 T 「違います」
 Y 「俺も違う」

093. どこにキスされるのが一番好き?
 T 「されるの、か。どこでも好きですよ。でもあんましてくれないけど」
 Y 「あはは」

094. どこにキスするのが一番好き?
 T 「やっぱ唇ですかね」
 Y 「うん」

095. エッチ中に相手が一番喜ぶことは何?
 Y 「生でやらせてあげると……むぐっ!」←悠也の口を押さえた
 T 「悠ちゃん!」
 Y 「だって……そうでしょ? 違うの? なら、今度からゴムありでしかさせてやんなくてもいいの?」
 T 「そんな……何で究極の選択みたいになってんの…? (鬼だよ、この人…)」

096. エッチの時、何を考えてる?
 T 「悠ちゃんのこと」
 Y 「あー…うん、拓海のこととか」
 T 「(とか?)」

097. 一晩に何回くらいやる?
 T 「がんばれるだけがんばる」
 Y 「いや、そんなにがんばんなくていいよ。体力持たない…」

098. エッチの時、服は自分で脱ぐ? 脱がせてもらう?
 T 「自分で脱ぎます」
 Y 「うん、たぶん。脱がされたこともあったような気がしないでもないけど…」

099. 貴方にとってエッチとは?
 T 「え…」
 Y 「試合ですよ! 命がけのね」
 T 「え? え?」

100. 相手に一言どうぞ
 Y 「100問、疲れた…」
 T 「いや、相手に一言だってば!」





 100問は結構長いですね。ここまで読んでくださったかた、ありがとうございました。
 折を見て、残りのカプもアップしていきますね。

カテゴリー:質問+小ネタ
テーマ:自作BL小説  ジャンル:小説・文学

★カップリングなりきり100の質問★ 遥斗×真琴 (前編)


001. あなたの名前を教えてください。
 H 「小沢遥斗です」
 M 「藤崎真琴でーす」

002. 年齢は?
 H 「23歳」
 M 「ハタチ」

003. 性別は?
 H 「男です」
 M 「はい」

004. 貴方の性格は?
 H 「穏やか?」
 M 「あぁ~確かに! 俺は、んー…素直? 拓海には分かりやすいって言われる」

005. 相手の性格は?
 H 「えーっと……少年のような…」
 M 「んん? それって、いい感じで?」
 H 「まぁ…うん」
 M 「はーちゃんは、優しいよね。あと、穏やかで、ていうか、ときどき穏やか過ぎて、おじいちゃんみたいなときある」 

006. 二人の出会いはいつ? どこで?
 H 「えーっと、ナンパ…………されました!」
 M 「しました! 街で見掛けて、超カッコいい!! て思って、猛アタックしました!」
 H 「外で撮影して、終わって帰ろうとしたら、すごい勢いで話し掛けられて」
 M 「だって! ここで声掛けなきゃ、もう会えないかも! て思ったんだもん!」

007. 相手の第一印象は?
 H 「テンション高っ!」
 M 「超カッコいいっっ!!」

008. 相手のどんなところが好き?
 H 「甘えてくるところ」
 M 「カッコいいとこ。顔だけじゃなくて、仕事とかに対する態度とか色々」

009. 相手のどんなところが嫌い?
 H 「嫌いなところなんかないよ」
 M 「ないって言えばないけど……時々本にとかに夢中になってて、俺の存在を忘れてることがある」
 H 「ゴメン」

010. 貴方と相手の相性はいいと思う?
 H 「思います」
 M 「うん、思います」

011. 相手のことを何で呼んでる?
 H 「だいたいマコって呼んでる」
 M 「はーちゃん。遥斗って名前だから」

012. 相手に何て呼ばれたい?
 H 「まぁ、今のままでもいいかな。今のところは」
 M 「俺も今のままでいい!」

013. 相手を動物に例えたら何?
 H 「犬かな、マコは」
 M 「何だろ…、種類は分かんないけど、何か高級そうなヤツ」

014. 相手にプレゼントをあげるとしたら何をあげる?
 H 「そのとき相手が欲しがってるもの」
 M 「俺もそうする! でも、はーちゃんセンスいいし、俺、何選んでいいか分かんない…」

015. プレゼントをもらうとしたら何がほしい?
 H 「マコがくれるものだったら、何でもいいよ。一緒にいられるだけでもいい」
 M 「(ジーン!)」

016. 相手に対して不満はある? それはどんなこと?
 H 「いや…うん、まぁ、ないかな…?」
 M 「んん? 何かあるの? ホントは」
 H 「いや… (疲れてるときは、もうちょっとテンション下げてくれると助かるけど…)」

017. 貴方の癖って何?
 H 「自分じゃよく分かんないなぁ…」
 M 「何か、すぐ聞き返しちゃう」

018. 相手の癖って何?
 M 「ときどき、すごいカッコいい顔する」
 H 「え? いや、別に普通の顔しかしてないけど… (ていうか、それって癖?)」

019. 相手のすること(癖など)でされて嫌なことは?
 M 「別にないよー。カッコいい顔されたら、キュンとなっちゃう」
 H 「いや、ありがたいけど……それ、癖とかじゃ…」

020. 貴方のすること(癖など)で相手が怒ることは何?
 M 「テンションが上がりすぎると、うん…。怒られはしないけど」
 H 「ときどき、すごいヒートアップするときがあるからね。俺の場合、ちょっとほったらかしにすると、拗ねられる」
 M 「だって!」

021. 二人はどこまでの関係?
 M 「んん?」
 H 「えっと、まぁ」
 M 「そりゃまぁ、行くトコまでは行っちゃってますよね。だってもう大人だし!」
 H 「だそうです」

022. 二人の初デートはどこ?
 H 「水族館だっけ? 確か」
 M 「そうそう、すごい楽しかった!」
 H 「俺、大人になってから、初めて行ったよ」
 M 「どうしても行きたくって」 

023. その時の二人の雰囲気は?
 H 「いや、良かったですけど…」
 M 「え、何笑ってんの?」
 H 「マコ、すごいはしゃいでたなーって。特にペンギンのとこで、めちゃくちゃ興奮してた」
 M 「ちょ、興奮なんかしてないよ!」

024. その時どこまで進んだ?
 H 「全然」
 M 「手もね、繋げなかったからね」
 H 「はい」
 M 「ウブだったんで」
 H 「はい (笑)」

025. よく行くデートスポットは?
 H 「そんな定番スポットみたいな場所は、特にないかも」
 M 「行きたいけど、そういうとこ行くと、はーちゃん、女の子にキャアキャア言われるし」
 H 「そんなことないって」
 M 「はーちゃんが気付いてないだけ! 俺は、はーちゃんが悪い女の人に声掛けられて、何かされちゃうんじゃないかって、いっつもヒヤヒヤしてるんだから!」

026. 相手の誕生日。どう演出する?
 M 「ケーキ! ケーキ、ケーキ! 『HAPPY BIRTHDAY!』て書いたチョコの乗ってるヤツ!」
 H 「マコが作ってくれるの?」
 M 「う…」

027. 告白はどちらから?
 M 「俺です! 俺、ホントは結構人見知りだけど、あのときだけは、超がんばった!」
 H 「すごい勢いで声掛けて来たよね」

028. 相手のことを、どれくらい好き?
 H 「どれくらいなんて言えません。言えないくらい好き」
 M 「もうね、こんな…こう…こんくらい!」←両手をいっぱいに広げてる

029. では、愛してる?
 H 「もちろんです」
 M 「こんくらいいっぱいね!」←まだ両手をめいっぱいに広げてる
 H 「(苦笑)」

030. 言われると弱い相手の一言は?
 H 「言葉もそうだけど……マコの場合は、言葉よりも表情が…」
 M 「え?」
 H 「何も言わなくても、顔見ればわかるっていうか」
 M 「分かりやすいってこと? 俺はねぇ『愛してる』とか言われると…」

031. 相手に浮気の疑惑が! どうする? 
 M 「泣いちゃう」
 H 「マコのこと、信じるよ」

032. 浮気を許せる?
 H 「許したくはないかも」
 M 「許さない~~~!!! でも、やっぱ許しちゃうかも…。はーちゃんに浮気されたら、俺… (シュン…)」
 H 「(想像の世界なのに、この落ち込みようは…)」

033. 相手がデートに1時間遅れた! どうする?
 H 「1時間経つ前に、連絡するとは思うけど」
 M 「はーちゃんが遅れてきたことないから、よく分かんない。待つとは思うけど」

034. 相手の身体の一部で一番好きなのはどこ?
 H 「んー…目かな」
 M 「そんなの、恥ずかしくて人前じゃ…」
 H 「えっ、どこ!?」

035. 相手の色っぽい仕種ってどんなの?
 M 「はーちゃんはね、何かむだに色っぽい。何かフェロモンって感じ。ジュディ・オングって感じ」
 H 「何それ… (苦笑)」

036. 二人でいてドキっとするのはどんな時?
 M 「結構いつでもドキドキしてる。でも1番ドキッとするのは、何か目がギラギラしてるとき」
 H 「そんなときある?」
 M 「めったにない。今までに2回しかない」
 H 「2回!? いつ!?」
 M 「内緒。それは俺だけが知ってればいいの!」

037. 相手に嘘をつける? 嘘はうまい?
 H 「どうかな? 下手じゃないかもだけど、別に嘘なんかつかないし」
 M 「ついてみても、全部バレる」

038. 何をしている時が一番幸せ?
 M 「一緒にいるとき」
 H 「うん、俺も一緒にいられれば、それだけで幸せだよ」

039. ケンカをしたことがある?
 H 「まぁ、ないこともないかな」
 M 「…うん」 

040. どんなケンカをするの?
 H 「大体マコが拗ねてる」
 M 「だって!」

041. どうやって仲直りするの?
 M 「ごめんなさい、てする」
 H 「そうだね」

042. 生まれ変わっても恋人になりたい?
 H 「はい」
 M 「……ホント?」
 H 「ホント」
 M 「嬉しっ!」

043. 「愛されているなぁ」と感じるのはどんな時?
 H 「どんな場面でも、結構いつでも感じますけど」
 M 「エッチしてるとき?」
 H 「それだけじゃなくて!」

044. 「もしかして愛されていないんじゃ・・・」と感じるのはどんな時?
 H 「あんまりないかな」
 M 「一緒にいるのに、相手にしてくれないとき」

045. 貴方の愛の表現方法はどんなの?
 M 「全部! 言葉と、態度と、全部っ!!」
 H 「確かに…」
 M 「どう?」
 H 「え、何が?」
 M 「それって、重い?」
 H 「そんなことないよ」

046. もし死ぬなら相手より先がいい? 後がいい?
 M 「うぅー…どっちもヤダ…」
 H 「まだそういうことは考えたくないね」

047. 二人の間に隠し事はある?
 M 「ない! ……と信じてる。俺、隠し事ヘタだし…」
 H 「俺も別にマコに隠してることはないな」

048. 貴方のコンプレックスは何?
 M 「もうちょっと、はーちゃんに見合うルックスなら良かったのに…て思う」
 H 「何で…。十分かわいいよ、マコ」
 M 「かわいいとかー、絶対ないし! うぅー…」
 H 「(かわいい…)」

049. 二人の仲は周りの人に公認? 極秘?
 M 「公認ってほどじゃないけど、知ってる人は知ってる。俺の友だちとか家族とか」
 H 「マコの家族には、確かに公認だよね。特にお母さん」
 M 「お母さん、はーちゃんのファンだからー」

050. 二人の愛は永遠だと思う?
 H 「はい」
 M 「うん」







 後編の、エチありカプへの質問で、マコちゃんのテンション、さらに炸裂します!

カテゴリー:質問+小ネタ
テーマ:自作BL小説  ジャンル:小説・文学

★カップリングなりきり100の質問★ 遥斗×真琴 (後編)


*R指定はしませんが、「ココからはエッチ有カップルのみお楽しみください。」ということなので、苦手な方はご注意くださいませ。

051. 貴方は受け? 攻め?
 H 「攻め」
 M 「受け」

052. どうしてそう決まったの?
 M 「俺、今までも、ネコしかしたことないし」
 H 「何か…何となくそうなってました」

053. その状態に満足してる?
 M 「はい」
 H 「あ、はい」
 M 「え、ヤダ?」
 H 「いや、そうじゃなくて、こういう質問、何か照れるっていうか…」
 M 「あと47問、大丈夫?」

054. 初エッチはどこで?
 M 「はーちゃんち」
 H 「はい」

055. その時の感想を・・・・
 M 「超気持ちよかったよ (ニコッ)」
 H 「あ、ありがとう…」
 M 「んん? 何か顔、引き攣ってる? 俺、良くなかった?」
 H 「そうじゃなくてね… (マコに恥じらい…………なんて、無理な話か…)」

056. その時、相手はどんな様子でした?
 M 「やっぱ、ちょっと戸惑ってた? 男とすんの初めてだったみたいだから」
 H 「まぁ、それは、はい。マコはノリノリだった気がする」

057. 初夜の朝、最初の言葉は?
 M 「んー…何だっけ。普通に『おはよう』とか?」
 H 「たぶん」

058. エッチは週に何回くらいする?
 M 「何回ってことはないけど、はーちゃんちに泊まりに行ったときは、だいたいしてるよね」
 H 「だいたい、マコに迫られてる」

059. 理想は週に何回?
 M 「毎日でもいいよ~!」
 H 「……考えとく」

060. どんなエッチなの?
 M 「結構、普通かも」
 H 「え、イヤ?」
 M 「んーん、ヤじゃないよ。はーちゃんとのエッチ、大好きだし」

061. 自分が一番感じるのはどこ?
 M 「んーとね、結構どこでも感じるけど……鎖骨とか胸とか、いろいろ! はーちゃんは?」
 H 「えっ!? いや…」
 M 「どこどこ~?」

062. 相手が一番感じているのはどこ?
 H 「あー…結構どこでも、かな」
 M 「あはは。はーちゃんはねぇ、…………」
 H 「……何?」
 M 「いや、言っていいのかなぁ、と思って」
 H 「え、そんな言えないようトコ!?」

063. エッチの時の相手を一言で言うと?
 M 「ん~たまんない!」
 H 「え、何それ…。マコは、かわいいよ」

064. エッチははっきり言って好き? 嫌い?
 M 「好きだよ。大好き!」
 H 「まぁ、普通に好きです」

065. 普段どんなシチュエーションでエッチするの?
 M 「わりと普通」
 H 「うん。まぁ時々マコが…」
 M 「んん?」
 H 「いろいろやりたがるとき、あるよね?」
 M 「えへへー」

066. やってみたいシチュエーションは? (場所、時間、コスチューム等)
 M 「そりゃ、いろいろあるよねー?」
 H 「え、いや…」

067. シャワーはエッチの前? 後?
 M 「どっちもするよ。やっぱりね」
 H 「うん」

068. エッチの時の二人の約束ってある?
 M 「別にないかなー」
 H 「うん」
 M 「あ、でも俺は別にいいって言ってんのに、はーちゃん、ちゃんとゴム着けてくれる」
 H 「まぁ、その辺は…」

069. 相手以外とエッチしたことはある?
 H 「そりゃ、まぁ昔は」
 M 「だってもう大人だしねぇ?」

070. 「心が得られないなら身体だけでも」という考えについて。賛成? 反対?
 M 「俺、そういうの嫌いー」
 H 「反対はしないけど、空しいだろうなぁとは思う」

071. 相手が悪者に強姦されてしまいました! どうする?
 M 「ショック! とりあえず精いっぱい慰める。悪者は何とか捕まえて、制裁!」
 H 「というか、そんなことにならないように、普段から気を付けて見てる。マコは時々チョロチョロしてて危なっかしいことあるから」

072. エッチの前と後、より恥ずかしいのはどっち?
 M 「別にどっちも恥ずかしくない」
 H 「まぁ…恥ずかしさはないかな」

073. 親友が「今夜だけ、寂しいから・・・」とエッチを求めてきました。どうする?
 M 「えぇー…そんなの親友じゃないよ…」
 H 「はっきりと断る。あんまり言ってくるようなら、話くらい聞くかもだけど」

074. 自分はエッチが巧いと思う?
 M 「ん~下手だとは思わないけど…」
 H 「人並みなんじゃないでしょうか」

075. 相手はエッチが巧い?
 M 「巧い! 超気持ちいいもん!」
 H 「そんな力説しなくても…、いや、マコも巧いとは思うけど…」

076. エッチ中に相手に言ってほしい言葉は?
 H 「何かある?」
 M 「んー…でも言ってほしいことは、何か言ってくれてる気がする」

077. エッチ中に相手が見せる顔で好きな顔はどんなの?
 H 「全部かな」
 M 「俺の中で感じてるときの顔」

078. 恋人以外ともエッチしてもいいと思う?
 M 「いいわけないよ! そんなの!! ダメェ~~~!!!」
 H 「うん、よくない。いいわけないです」

079. SMとかに興味はある?
 M 「んー…はーちゃんがしたいなら、してもいいよ?」
 H 「えぇ!? ないない!」
 M 「そう? 確かにはーちゃん、ノーマルそう」
 H 「(ていうか、マコはどっちだって言うんだ!?)」

080. 突然相手が身体を求めてこなくなったらどうする?
 M 「ショック!! 何とか誘惑する!」
 H 「まぁ…あり得ないでしょうねぇ…」

081. 強姦をどう思いますか?
 M 「いいわけないし!」
 H 「犯罪ですからね」

082. エッチでツライのは何?
 M 「何も」
 H 「特にないかな」
 M 「強いて言えば、はーちゃんのお仕事が忙しいと、会ってもエッチ出来ないこと」
 H 「それ、ちょっと質問の趣旨と違う…」

083. 今までエッチした場所で一番スリリングだったのはどこ?
 M 「別にないかな」
 H 「…………」
 M 「え、ある!?」
 H 「いや、マコの家でやったときは…」
 M 「あー…」
 H 「マコのお兄さんとお母さんが家にいたから、すごいヒヤヒヤした」
 M 「あのとき、何かどうしてもエッチしたくて、我慢できなかったの」

084. 受けの側からエッチに誘ったことはある?
 M 「ありますね」
 H 「しかも結構しょっちゅう」

085. その時の攻めの反応は?
 M 「んー…普通?」
 H 「まぁ、よくあることなんで」

086. 攻めが強姦したことはある?
 H 「ないですよ (苦笑)」
 M 「もうちょっと強引でもいいと思う」

087. その時の受けの反応は?
 H 「いや、だから、そういうことないですから」
 M 「ん」

088. 「エッチの相手にするなら・・・」という理想像はある?
 M 「はーちゃん、ある? そういうの」
 H 「いや、別に…」
 M 「俺で満足? 何かしてほしいこととかない?」
 H 「満足だよ」

089. 相手は理想にかなってる?
 M 「はい!」
 H 「かなってます」

090. エッチに小道具を使う?
 M 「はーちゃん、使ったことないね」
 H 「え、使いたいの!?」
 M 「気持ちいいよ。今度使うー?」
 H 「いや、あの… (マズイ、マコがノリノリだ…)」

091. 貴方の「はじめて」は何歳の時?
 M 「んー…15? 16かな?」
 H 「俺もそのくらいだと思う」

092. それは今の相手?
 H 「違う相手です、はい」
 M 「俺も違う人。野球部の人だった」
 H 「……相手、男?」
 M 「初めてはね。女の子とも、1回だけしたことある。1番上のお兄ちゃんのお友だち」

093. どこにキスされるのが一番好き?
 M 「はーちゃんにされるなら、どこでも~」
 H 「唇かな」

094. どこにキスするのが一番好き?
 M 「どこだろ…。唇、かな?」
 H 「俺も」

095. エッチ中に相手が一番喜ぶことは何?
 M 「えっと、ゆっちゃっていいのかな?」
 H 「えっ!? そんな言えないようなこと!? (焦)」
 T「じゃあ、内緒ってことで」

096. エッチの時、何を考えてる?
 M 「はーちゃんのこと。ちゃんと気持ち良くなってるかなぁーって」
 H 「俺も、マコのこと」

097. 一晩に何回くらいやる?
 M 「2回くらい?」
 H 「まぁ、うん。そのくらいかな」
 M 「俺はもっとしてもいいのにー、て思うけど、はーちゃんに宥められる」

098. エッチの時、服は自分で脱ぐ? 脱がせてもらう?
 M 「いろいろ」
 H 「迫る気満々のときは、自分で脱いで、俺の服を脱がそうとするよね、マコは」

099. 貴方にとってエッチとは?
 M 「愛情確認v」
 H 「そうですね」

100. 相手に一言どうぞ
 M 「はーちゃん、好き好き、大好きー」
 H (真顔になって)「マコ、愛してるよ」
 M 「…… (はわわ…)」←放心状態

カテゴリー:質問+小ネタ
テーマ:自作BL小説  ジャンル:小説・文学

recent entry

recent comments

thank you for coming

category

monthly archive

2037年 01月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【15件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【3件】
2016年 07月 【17件】
2016年 06月 【12件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【14件】
2016年 03月 【12件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【28件】
2015年 12月 【30件】
2015年 11月 【28件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【27件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【24件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【31件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【22件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【30件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【29件】
2014年 09月 【22件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【14件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【31件】
2013年 03月 【32件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【31件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【32件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【29件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【33件】
2011年 12月 【35件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【31件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【31件】
2011年 05月 【34件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【32件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【31件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【34件】
2009年 09月 【32件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【31件】
2009年 03月 【32件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【40件】
2008年 11月 【38件】
2008年 10月 【37件】
2008年 09月 【32件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【31件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【31件】
2008年 03月 【32件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【35件】

ranking

sister companies

明日 お題配布
さよならドロシー 1000のだいすき。
東京の坂道 東京の坂道ほか
無垢で無知 言葉の倉庫

music & books

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。