恋三昧

【18禁】 BL小説取り扱い中。苦手なかた、「BL」という言葉に聞き覚えのないかた、18歳未満のかたはご遠慮ください。

2012年07月

DATE

  • このページのトップへ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

暴君王子のおっしゃることには! (91)


「そんな、連絡してもいいとか言う子がいんだ? すげ」
「いるよー。徐々に増やしてってる。あ、そうだ。せっかくだから、ニナちゃんたちもそういう人になって? いざって言うとき」

 この際だから…と一伽は、事情を知ったニナとエリーにも、そうお願いしてみる(海晴も事情は知ったけれど、男だから…)。

「いいよー」
「え、マジ?」

 するとニナは、「どうしよっかな」と笑ったが、エリーは意外にもあっさりとオッケーしてくれた。
 エリーがあんまりにも簡単に了承してくれたので、かえって一伽のほうが面食らったというか、本当に一伽の言ったことの意味、理解してる? と心配になってしまった。
 しかし――――エリーは緩いテンポで生きているものの、実のところ、一伽より1枚どころでなく上手だった。

「1回1,000円ね」
「えっ…」

 エリーはニッコリ笑って、人差し指を立て、『1回1,000円』を分かりやすく示してくれた。
 一伽はもちろん唖然となって言葉を詰まらせたが、その様子に、海晴とニナは思わず「ブッ…!」と吹き出した。

「エリーちゃん…、お金取るの…?」
「うん。だってご飯でしょ? ランチて1,000円くらいしない? いっちゃんだから、ちょっと割り引きしてあげてもいいけど」
「………………、エリーちゃんから血を吸うのは、本当の本当にいざってときだけにしよう…」

 まさかエリーにこんな切り返しが出来るとは思っていなかった一伽は、いつもナンパするときとか、前に侑仁にお願いしたときのように、自分のペースに持っていくことが出来ず、大人しく引き下がった。
 まぁエリーの場合、うまく切り返したというより、本気で金を払ってくれるなら吸血させてもいいと思ったのかもしれないが…。

「てか、吸血鬼て、血だけ吸ってりゃいいわけじゃねぇんだ?」

 先ほどから一伽が傾けているグラスの中身が、単なる水でないことなら海晴にも分かる。
 血がご飯と言うなら、そういうものもいらないんじゃないかなぁ、とは思うが、ずっとうまそうに飲んでいるところを見ると、そういう類はまた別物のようだ。

「いっちゃん、お酒大好きだよね」
「大好き~」

 ニナの言葉に、一伽は素直に頷く。
 人間の口にするものは、吸血鬼にとって、特に有益というわけではないが害もないので、一伽は気が向いたときとか、気に入ったものとかは食べている。
 もちろんお酒は大好きだから、しょっちゅう飲んでいるし、飲み過ぎてしまうこともしばしば…。

「食っちゃいけないモンとか、そういうのねぇの? ホラ、犬って玉ねぎダメじゃん?」
「犬と一緒にすんな!」

 何気に失礼な海晴の言い草に、一伽はその足を蹴っ飛ばしてやった。
 犬は好きだけれど、そういう意味で一緒くたにされたくない。

「もぉ~、海晴ムカつく!」
「ははっ、悪ぃ」
「ホントに悪いって思ってる? なら、次の1杯、海晴の奢りねっ?」

 わざとらしく頬を膨らませた一伽は、空になったグラスを海晴に見せ付けて、ちゃっかりとお代わりをおねだりする。
 もちろん海晴は、『は? 何で?』という顔で笑った。

「でもいっちゃん、今日は飲み過ぎるなよー、て侑仁に言われてなかった?」
「でもニナちゃんは、いっちゃんなら大丈夫、てゆった」

 先ほど侑仁が言い残していった言葉を思い出したニナが、意地悪な顔で突っ込んでも、一伽は平然と返す。
 確かに侑仁にはそう言われたけれど、ニナには大丈夫と言われたし(何が大丈夫なんだかは知らないが)、どうせニナもエリーも飲み足りないだろうから、やっぱりまだ飲む。

「侑仁に怒られたって、アタシ、知らな~い」
「おっ…怒られないもんっ。俺、怒られるようなこと、したことないもん!」

 たぶん大丈夫だと思うけれど、そういうふうに言われるとちょっと心配になって、一伽は焦る。
 大体一伽は、侑仁に怒られるようなことなんてしたことがないんだから、大丈夫。



back    next
関連記事

カテゴリー:暴君王子のおっしゃることには!

recent entry

recent comments

thank you for coming

category

monthly archive

2037年 01月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【15件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【3件】
2016年 07月 【17件】
2016年 06月 【12件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【14件】
2016年 03月 【12件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【28件】
2015年 12月 【30件】
2015年 11月 【28件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【27件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【24件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【31件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【22件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【30件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【29件】
2014年 09月 【22件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【14件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【31件】
2013年 03月 【32件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【31件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【32件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【29件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【33件】
2011年 12月 【35件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【31件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【31件】
2011年 05月 【34件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【32件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【31件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【34件】
2009年 09月 【32件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【31件】
2009年 03月 【32件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【40件】
2008年 11月 【38件】
2008年 10月 【37件】
2008年 09月 【32件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【31件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【31件】
2008年 03月 【32件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【35件】

ranking

sister companies

明日 お題配布
さよならドロシー 1000のだいすき。
東京の坂道 東京の坂道ほか
無垢で無知 言葉の倉庫

music & books

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。