恋三昧

【18禁】 BL小説取り扱い中。苦手なかた、「BL」という言葉に聞き覚えのないかた、18歳未満のかたはご遠慮ください。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

繁華街☆激濃ムラサキヴァイオレンス (69)


 こんなことがあって、今日は眠れそうもないや…と瑛貴は密かに思っていたのに、人間の体はよく出来たもので、いや、単に瑛貴の繊細さが微々たるもの過ぎたのか、普通にしっかりばっちり眠ってしまった。
 だが、寝て起きたからといって、今の瑛貴を取り巻く状況に何か変化があるわけでもなく、時間ばかりが過ぎていく。

 まず、依織は今までどおり、ちょくちょくJADEに来る。
 しかも相変わらず客ではないので、閉店時間ごろ店の前にいて、時々泰我と遊びに行き、時々瑛貴と一緒に駅まで向かう。
 変わったことと言えば、女の子の格好をしていないことくらいで、元からの友人である泰我はともかく、分かっていても初めて男の姿をした依織を見た七槻は、やはり相当驚いていた。

 瑛貴と駅まで行くときは、流行りの音楽のことだとか、ゲームのことだとか、携帯電話の新機種のことだとか、話すのはそんなことばかりで、まるで普通の友だちのようだった。
 しかし依織は瑛貴に告白をしたのだし、キスだってしてしまった間柄で、とても友だちだなんて言える関係ではない。

 ――――その証拠に、だって、今日だって依織とキスをしている。

 駅近くの路地裏、喧騒とは切り離された、静かで誰もいない空間。
 1度そこまで引っ張られて行ってキスされたのに、瑛貴は何も学習していないのか、その次に依織と駅まで行ったときも、同じようにキスされてしまって。
 何度かそんなことをしているうち、JADEから駅まで一緒に行ったとき、その別れ際にキスをするのが普通になってしまっていた。

 瑛貴にしたら、何となくのキスだった。
 依織の気持ちは知っているし、きっと依織はこのキスに意味を持たせたいのだろうけど、瑛貴はその気持ちには応えられなくて。なのに、何となく流されるまま唇を重ねてしまう。
 そのキス自体が嫌だということはなかったが、かといって、依織への気持ちが恋愛感情に変わったかと言えば、そうでもなくて。

(よく依織、こんなヤツ、嫌になんないよなぁ…)

 もう何度となく思ったことを、今日も瑛貴は思ってしまう。
 かといって、だったらいっそ嫌いになってくれればいいのに、などとも思わず、このままでいてくれたらいいと思う。
 …本当、ズルイ男。

「アッキー、何考えてる?」
「…え?」

 キスの後、ボンヤリとしている瑛貴が気になったのだろう、依織は小首を傾げていた。
 それに瑛貴が「…何か、いろいろ」と緩く首を振れば、それでは納得いかなかったのか、依織は拗ねたように少し唇を突き出し、瑛貴の胸に顎を預けるようにして凭れて来た。

「いろいろ、て? いいこと? 悪いこと? それとも…」
「普通のこと」
「えぇっ? 何それー。そういうときは普通、依織のことだよ、とか言ってくれんなんじゃないの?」
「何それ」
「だってそうでしょ? 一緒にいるんだからぁ」

 もーやっぱアッキー鈍感! と依織はむずかるように言いながら、瑛貴から離れた。
 けれど、そんなこと言われたって、正直に答えられるわけもなくて、瑛貴はごまかすように依織の頭を撫でた。

「アッキーのバカ」
「…知ってる」
「バーカ」

 依織はもう1度、瑛貴の唇を奪った。



back    next
関連記事

カテゴリー:繁華街☆激濃ムラサキヴァイオレンス
テーマ:自作BL小説  ジャンル:小説・文学

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

柚子季 杏 ⇒

あぁあぁ、如月さんじゃないですが、思わずNext押してしまった_| ̄|○

アッキーもぐるぐるし出しましたね~。
イオリン相変わらず積極的だけど・・・彼女いるの知ってるのになー。
まぁ優柔不断なアッキーが一番悪いか(苦笑)
アッキーは一体どうするのか、続きを楽しみにしております!

  • |2010.10.13
  • |Wed
  • |00:09
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

如月久美子 ⇒ >柚子季さん

> あぁあぁ、如月さんじゃないですが、思わずNext押してしまった_| ̄|○

 ついやっちゃいますよね~。
 あれ、何で出ないの!? と思ったら、まだ更新されてなかった、ていう…。

 アッキーの優柔不断、ホントどうしようもないですよね。。。
 イオリンとは恋人にはなれないけれど、離れ離れにもなりたくない、ていうアッキー。気持ちは分かるけど、いろんな人を振り回してるってことを、この鈍感な子に教えてやりたいですね(笑)

 コメントありがとうございました!

  • |2010.10.13
  • |Wed
  • |07:26
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

recent entry

recent comments

thank you for coming

category

monthly archive

2037年 01月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【15件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【3件】
2016年 07月 【17件】
2016年 06月 【12件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【14件】
2016年 03月 【12件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【28件】
2015年 12月 【30件】
2015年 11月 【28件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【27件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【24件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【31件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【22件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【30件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【29件】
2014年 09月 【22件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【14件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【31件】
2013年 03月 【32件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【31件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【32件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【29件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【33件】
2011年 12月 【35件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【31件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【31件】
2011年 05月 【34件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【32件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【31件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【34件】
2009年 09月 【32件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【31件】
2009年 03月 【32件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【40件】
2008年 11月 【38件】
2008年 10月 【37件】
2008年 09月 【32件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【31件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【31件】
2008年 03月 【32件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【35件】

ranking

sister companies

明日 お題配布
さよならドロシー 1000のだいすき。
東京の坂道 東京の坂道ほか
無垢で無知 言葉の倉庫

music & books

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。