恋三昧

【18禁】 BL小説取り扱い中。苦手なかた、「BL」という言葉に聞き覚えのないかた、18歳未満のかたはご遠慮ください。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

暴君王子のおっしゃることには! (24)


 大体どうして女の子でなく、一伽を自分の家に連れて帰るはめになったのか。
 知り合いが回すからって行ったクラブで、友人である航平が一伽と一緒にいて、実は吸血鬼なんだ、なんて言われて――――そこまではよかったのだ。
 一伽が吸血鬼だろうと、それさえ分かってしまえば、侑仁は別にそういうことに拘らない性格だし、一伽は女の子の血を吸う気満々だったので、侑仁がこの間のような目に遭うこともないと思っていたから。

 なら一体どうして…と、侑仁は、すっかり酔いの醒めた頭で考える。

 確かクラブに入って、すぐにみんなばらけてしまい、侑仁は侑仁で楽しんでいたのだが、ふと、一伽が女の子に話し掛けている姿が目に入ったのを覚えている。
 そうか、吸血鬼はナンパもするのか…なんて、妙なところで感心したのだが、そういえばこの間も、侑仁と同じ女の子に声を掛けようとしていたことを思い出した。

 この間のようにかぶらなければ、一伽が誰をナンパしようと関係ないので、侑仁は気にも留めないでいたのだが、しばらくしたら一伽が1人で戻って来たので驚いた。てっきりあのまま、あの女の子とどこかに行くものだとばかり思っていたのに。

 1人で戻って来た一伽に、その理由を聞くのはあまりにも野暮だが、しかしそのわりに一伽の機嫌がいいので、それは少し気になった。
 しかも侑仁がニナ(女友達の1人。彼女でもないし、ナンパしたわけでもない)と喋っているのに、なぜか一伽はやたら侑仁に絡んでくるので(女の子好きなんじゃないの?)、仕方なく侑仁が相手をしてやれば、一伽がこんなにもご機嫌なのは、先ほど飲んだ血がとてもうまかったからだった。

 なるほど、先ほど一伽が女の子に声を掛けていたのは、ただのナンパではなく、そういう目的だったのだ。確かに先日のときも、『ご飯』と何度も言っていたっけ。

 血の味というのは、年齢や性別、生活環境によって人それぞれ違いがあって、吸血鬼にもそれぞれ好みの味があるらしいのだが、一伽はやはり若い女の子の血が好きで、その中でも今飲んだ血は最高だったから、おかげでテンションは上がりまくり、ご機嫌は急上昇、というわけだ。

 しかしそれなら、どうして一伽は1人で戻って来たのかと思う。
 いや、戻って来たっていいんだけれど、血の味だけでなく、顔や容姿も好みなら(聞きもしないのに、一伽がベラベラ喋るから知った)、別に航平や侑仁に気を遣わず、2人でいてもよかったのに。

『だってもうお腹いっぱいだし』

 侑仁がそれとなく尋ねてみたら、一伽はあっさりとそうのたまった。
 え、お腹がいっぱいになれば、それでいいわけ? 女の子イコールご飯? 完全にご飯目的?

『えっと…、いや、まぁ…ちょっとはいろいろとしてきたけど…』

 自分の『お腹いっぱい』発言が侑仁を驚かせたことに気付き、一伽は慌ててフォローしたけれど、あまりうまくはなかった。
 とりあえずまぁ、一伽にも、男としての下心はそれなりにあるらしいが、それにしても、サクッと気持ちいいことをして、その子から血を吸って、お腹がいっぱいになったら、そこでバイバイ……て、一伽のやっていることは何気にひどい気が。

『そんで、その子はどうしちゃったわけ?』

 先日侑仁が血を吸われたときは、しばらくの間、貧血みたいにフラフラした感じがしていた。
 あのとき、侑仁は自分から一伽のもとを去って行ったけれど、今その子は? 一伽はまさか、そんな状態の子を置いてきぼりにして、1人で戻って来たのだろうか。
 それは、女の子をご飯としてしか見てないとしても、問題ありだと思うのだが。

『その子の友だちが迎えに来たよ。そんな! 俺、そんなひどいヤツじゃない!』

 侑仁の勘違いに一伽は少し怒ってみせたけれど、それよりも上機嫌のほうが上回っているのか、すぐにヘラヘラとした笑顔に戻った。
 この間、侑仁があそこまでクラクラしたのは、腹が空き過ぎていた一伽が、より多く血を吸ってしまったからで、普通ならそんなに吸うものではないらしい。
 それに、侑仁は上背もあって体格もよかったから、いつもより少しくらい多めに吸っても大丈夫だろうと、空腹の思考ながらも、一伽は一応ちゃんと考えていたのだ。



back    next
関連記事

カテゴリー:暴君王子のおっしゃることには!

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

recent entry

recent comments

thank you for coming

category

monthly archive

2037年 01月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【15件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【3件】
2016年 07月 【17件】
2016年 06月 【12件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【14件】
2016年 03月 【12件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【28件】
2015年 12月 【30件】
2015年 11月 【28件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【27件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【24件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【31件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【22件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【30件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【29件】
2014年 09月 【22件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【14件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【31件】
2013年 03月 【32件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【31件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【32件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【29件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【33件】
2011年 12月 【35件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【31件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【31件】
2011年 05月 【34件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【32件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【31件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【34件】
2009年 09月 【32件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【31件】
2009年 03月 【32件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【40件】
2008年 11月 【38件】
2008年 10月 【37件】
2008年 09月 【32件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【31件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【31件】
2008年 03月 【32件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【35件】

ranking

sister companies

明日 お題配布
さよならドロシー 1000のだいすき。
東京の坂道 東京の坂道ほか
無垢で無知 言葉の倉庫

music & books

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。