恋三昧

【18禁】 BL小説取り扱い中。苦手なかた、「BL」という言葉に聞き覚えのないかた、18歳未満のかたはご遠慮ください。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

砂糖漬けのくちびる


「ん、んー…」

 借りてきたDVDを2人で見ながらまったりしていたら、何だかどうも慶太に落ち着きがない。
 腕の中でモゾモゾしている慶太に気を取られているうち、映画のいいところを見逃してしまった。

「慶太、」

 何してんだ、と聞こうとする前に、慶太は腕の中をすり抜けて、ごそごそと自分のカバンを漁り出した。
 映画に意識を戻したいが、やっぱり慶太のほうが気になる。

「けい…」
「ねぇねぇ、相川さん」

 もう1度声を掛けようとしたら、何を探していたのか知らないが、お目当てのものを見つけ出せなかったらしく、慶太がポテポテと戻って来た。

「リップ」
「あ?」
「リップ貸してください」

 思い切りテレビと智紀の間に割り込んできて、でも慶太はそんなこと全然気にするふうもない(というか、気付いていないのだろう、変なところで鈍感なので)。

「お前、唇切れてる」
「だからリップ」

 拗ねて、むぅと突き出した唇は荒れていて、ちょっと痛そう。
 ずっとモゾモゾしていたのは、この荒れた唇が気になっていたかららしい。

「それずっと探してたのかよ。リップだったら、そこの――――」

 そう言い掛けて、智紀はスッと立ち上がると、自分でカバンの中からリップクリームを持ってきた。
 ようやくリップを発見した慶太は嬉しそうに手を伸ばすが、智紀はそれを慶太に渡そうとはせず、またどかっとソファに身を投げた。

「貸してくださいよ」

 すぐに貸してくれるのかと思ったのに、智紀の行動の意味が分からない。
 この伸ばした手は、どうしたらいいの?

「慶太、こっち来て」

 リップクリームのキャップを外した智紀が、慶太を手招きするけれど、どういうことなのか、全然分からない。
 そのまま渡してくれたら済む話だし、第一、こっちに来いと言っても、慶太は智紀の真ん前に、ちょこんと座っているのに。

「ここ座って」
「は?」

 ここ、と言って智紀が示した場所は、彼のももの上。
 つまり、そこを跨いで座れ、と。

「俺、リップ借りたいだけなんですけど」
「貸してやるから、ここ座って」
「……」

 何でリップクリームを貸すだけなのに、恋人のももを跨いで座らなければならないのか。
 絶対に善からぬことを考えているに違いない、危ない、と慶太の本能がそう警鐘を鳴らすけれど、カサカサになって血の滲んだ唇を、このままにしておきたくはなくて。

「ホントに貸してくれるんですよね?」
「貸す貸す」

 疑わしげな表情で、戸惑いながらも、慶太は智紀のももを跨いだ。

「…これでいいですか?」
「オッケー、オッケー」

 渋々顔の慶太と違い、智紀は満足そうに笑う。
 しかも、ちゃんと座ったんだから早くリップ、と思うのに、智紀はなかなか渡してくれなくて。

「相川さん? えっちょっ…」

 智紀は、手にしたリップクリームのキャップを外すと、それを徐に慶太のほうに近付けてきて、何をされるのかと、驚いて慶太が身を引いた。

「危ねぇな。下がんなよ、落ちるだろ」
「何、何するんですかっ?」
「俺が塗ってやる」

 にんまりと笑った智紀に、しかしその言葉がまだ十分に思考回路に伝わっていないのか、慶太はポカンとしている。

「俺が塗ってやるから、動くな」
「……。…はっ!? ヤですよ!」

 智紀にもう1度繰り返され、ようやく慶太は理解したのか、顔を赤くしてももの上から退こうとするけれど、左手をガシッと腰に回されて、慶太は逃げる術をなくした。
 近付いてくるリップクリームから逃れようとすれば、そのまま後ろに引っ繰り返りかねない。

「ホラ、ジッとしろ。リップ塗るだけだろ?」
「自分でします!」
「ダメ」

 何で! と慶太は宙を仰ぐ。
 この男前の恋人に、一体どこで、どんなスイッチが入ってしまったんだろう。

「やらせろ」

 言葉だけ聞くと、何だかとっても卑猥な感じがするが、やりたがっていることは、慶太の荒れた唇に、リップクリームを塗ること。
 これ以上の押し問答は無駄だと悟った慶太は、渋々「分かりました…」と頷いた。

「そんなにキュッとすんなよ、塗れねぇだろ」

 やることは大したことでもないのに、何だかすごく恥ずかしい。
 恥ずかしくって、ギュッと目を瞑って、口を噤んでいると、智紀の指が口元に触れた。

「もうちょい開いて」
「ん…早、く…」

 素直に口元を緩める慶太に、智紀は笑みを深くする。
 このセリフ、出来ればベッドの上で聞きたいなぁ、などと不埒なことを考えつつ、智紀は早速リップクリームを滑らせた。

 2,3度唇の上をなぞられて、リップスティックの遠ざかっていく感覚。慶太はようやく目を開けた。

「ッ、」

 思いのほか近くにあった智紀の顔に、思わず肩を竦めてしまう。

「も、下ろしてっ…」

 何だか全部恥ずかしい。
 ももの上に乗ることも、リップクリームを塗ってもらうことも。
 だって、そんな。

「なぁ、慶太。キスしていい?」
「はぁっ?」

 慌てて身じろぐ慶太をよそに、智紀はさらに慶太を驚かせる。
 こっちはももから下ろしてもらいたい一心なのに、一体どうしてそうなってしまうんだろう。

「だってリップ塗ったら、慶太の唇、ツヤツヤでプルンとしてるし」
「……」

 どこのオッサンですか、それ。
 思わず呆れた視線を向けるが、智紀は少しも怯まない。 

「慶太、いい?」
「ぅー…」

 キスくらい、別にいいけれど。
 でも何だか全部、智紀の思うままにされているような気がする。

「慶太?」

 慶太は視線を彷徨わせ、散々逡巡したが、ようやくコクリと頷いた。
 やっぱり智紀とキス、したい。

 リップ貸してくれたお礼ですからね、と、慶太は静かに目を閉じた慶太は、だらしなく顔をにやつかせる智紀に気付くことなく、優しいキスを受け入れる。



 映画はいつの間にか、終わっていた。





*END*

 タイトルは、「約30の嘘」さまからお借りしました。thanks!
関連記事

カテゴリー:智紀×慶太
テーマ:自作BL小説  ジャンル:小説・文学

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

recent entry

recent comments

thank you for coming

category

monthly archive

2037年 01月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【15件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【3件】
2016年 07月 【17件】
2016年 06月 【12件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【14件】
2016年 03月 【12件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【28件】
2015年 12月 【30件】
2015年 11月 【28件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【27件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【24件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【31件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【22件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【30件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【29件】
2014年 09月 【22件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【14件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【31件】
2013年 03月 【32件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【31件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【32件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【29件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【33件】
2011年 12月 【35件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【31件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【31件】
2011年 05月 【34件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【32件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【31件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【34件】
2009年 09月 【32件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【31件】
2009年 03月 【32件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【40件】
2008年 11月 【38件】
2008年 10月 【37件】
2008年 09月 【32件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【31件】
2008年 05月 【33件】
2008年 04月 【31件】
2008年 03月 【32件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【35件】

ranking

sister companies

明日 お題配布
さよならドロシー 1000のだいすき。
東京の坂道 東京の坂道ほか
無垢で無知 言葉の倉庫

music & books

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。